若返り・アンチエイジングなら藤沢美容外科クリニックにお任せください!

藤沢美容外科クリニック

  • 藤沢美容外科クリニックのフリーダイヤル 藤沢美容外科クリニックのフリーダイヤル 0120-5691-25
  • 受付:10:00~19:00
    土日・祝日対応

ワキガ治療(直視下摘除法)

直視下摘除法とは

藤沢美容外科クリニックでは100%近くニオイをとりたい患者様のご希望に応えて直視下摘除法を行っております。直視下摘除法は、切開部分から皮膚の裏側を医師が直接肉眼で確認し、汗腺を徹底的に確実に除去しますので、ニオイに関しては90~100%、汗は60~80%までおさえる事が可能で、さらに脱毛効果も90%程あります。
摘除した部分に関してはほぼ根治に近い状態となりますが、やはり皮膚を剥がして手術を行うので、術後のダウンタイムは生じてしまいます。藤沢美容外科クリニックでは、患者様の負担や痛みを最小限におさえるために傷の治りを早めるFGFと言うお薬、術後の色素沈着、くすみを早く治すお薬等もご用意しております。麻酔方法も通常は局所麻酔で行いますが、痛みに弱いと言う方には高濃度麻酔クリーム(別途¥3,000)や笑気麻酔(別途¥3,000)、うとうとした状態で手術を受けたいという方には静脈麻酔(別途¥50,000)をお付けする事も可能です。

  • ワキガのセルフチェック

    ・耳垢が湿っている
    ・両親のどちらか、または両方がワキガである
    ・洋服のワキ部分に黄色いシミがつく
    ・ワキに白い結晶のような粉がつく
    ・脂性肌である
    ・ストレスが多い

    あてはまる項目が多いと、ワキガの可能性があります。診断は医師が行いますので、まずはご相談ください。

このような方へおススメです!

  • 確実な効果を出したい

    手術方法は直視下摘除法のほかに、吸引や超音波などもっと傷口が小さく済む方法もありますが、取り残しの可能性があります。医師が目視で一つ一つ汗腺を除去するので、再発の可能性がほとんどなく、一生ものの効果が得られます。

  • 1度の治療で完了したい

    入院の必要もなく、数時間の手術で終了します。効果は永久に持続しますので、1度の治療で完了します。

施術の流れ

  • 院長とカウンセリング

    まずは院長がカウンセリングを行います。ワキガと診断されれば、直視下摘除法の適用となります。中には、ワキガではないけれども汗が気になる、という方もいらっしゃいます。その場合は傷を残して手術をするよりも、汗の量が減るボトックス注射などが向いている場合もありますので、カウンセリングでじっくりご相談ください。

  • 採血

    手術をするのに問題がないかどうか、血液検査を行います。結果が出るまで1週間程度かかりますので、そのあとに手術のご予約をお取りいただきます。

  • 手術の準備

    お化粧・ネイルはすべて落としていただきます。OPE室へ移動し、着替えをして、ベッドに寝ていただき、施術箇所にマーキングをします。

  • 麻酔

    笑気麻酔・局所麻酔(ご希望の方は静脈麻酔)を行います。

  • 手術

    傷が目立ちにくいよう、ワキのシワにそって切開し、汗腺を丁寧に除去します。

  • 止血・縫合

    止血、縫合をし、圧迫のためのガーゼを皮膚に固定します。

  • ご帰宅

    リカバリー室でお休みいただき、気分不快やふらつきなどがないか確認し、ご帰宅いただきます。翌日に状況確認のお電話をさせていただきます。

  • 圧迫のガーゼ抜去(3~5日後)

    皮膚に固定していたガーゼを取ります。消毒・軟膏などの処置はまだ必要ですので、保護用のガーゼに変え、処置を行います。

  • 抜糸(10日後)

    縫合していた糸を抜糸します。経過により、再度ガーゼ保護が必要なこともあります。

術後の経過写真

  • 30代 女性

    1か月後
    4か月後

施術の詳細

施術時間 2~3時間
痛み 麻酔を行うので術中の痛みはありません。直後は痛みが出ることがありますので、痛み止めのお薬を処方しています。つっぱり感を感じることがありますが、2~3か月を目安に消失します。
赤み・腫れ 皮膚を切開しますので、内出血が起こることがあります。
治療回数 1回の治療で効果があります。
入浴
運動
創部を濡らさないようにし、シャワーは可能です。抜糸まで入浴はお控えください。日常生活は問題ございませんが、圧迫ガーゼの間は大きな動きができません。抜糸までは、力を入れたり腕をあげるような動きは控えてください。

※上記は目安になります。

施術を受けられない方

  • 妊娠中の方、授乳中の方または妊娠の疑いのある方
  • 肝炎など感染症をお持ちの方

よくある質問

  • 何歳から手術を受けられますか?

    一般的にワキガの臭いがするのは思春期以降といわれていますので、成長が終了する18歳前後以降に手術をおすすめします。あまり早い段階で手術を行うと、その後成長とともに再度汗腺が発達してしまい、再発する可能性があります。

  • 仕事を休む必要はありますか?

    手術は一日で終了しますが、圧迫ガーゼをしている間は腕の動きが制限されます。事務仕事などでしたらお仕事は行えますが、痛みが残る可能性もございますので、できれば翌日もお休みされて安静にしていただくほうがよろしいかと思います。

  • 傷跡は残りますか?

    目立ちにくいようワキのシワにそって切開します。6か月程度でほとんど目立たなくなりますが、ケロイド体質の方などは傷跡が残りやすい場合もあります。傷の盛り上がりを目立たなくするケナコルト注射や、色素沈着を改善するレーザーなどもありますので、気になる場合はご相談ください。

  • 男性なのでワキの毛を残したいのですが、可能ですか?

    汗腺の除去とともに毛根もほとんどなくなりますので、ワキの毛はほぼ生えなくなります。毛を残すか、臭いの再発のリスクをとるかご相談の上、施術方法をご相談ください。

PAGE TOP