フラクセル

肌質を大幅に改善

2005年フラクセルレーザーがハーバード大学ウェルマン研究所にて開発され、劇的な進化を遂げてフラクセル2として新登場しました。1回の照射で皮膚1cm2あたり最大250発の微小な穴をあけ、その直径はわずか最小0.1mmという今までにない全く新しい最新テクノロジーを駆使しています。

◆フラクセル2を院長自ら体験しました。詳細は院長ブログをご参照下さい。
http://ameblo.jp/dr-myoken/day-20070721.html (2007年7月21日)
http://ameblo.jp/dr-myoken/day-20080602.html (2008年6月2日)
http://ameblo.jp/dr-myoken/entry-10104499393.html (2008年6月3日)

マイクロスコープ撮影の肌に穴の開いた写真

照射風景ムービー

経過写真

経過写真

スキンリニューアルを実現

エネルギーレベル

フラクセル2はニキビ跡や毛穴に特に効果的です。ニキビ跡に関してはCo2レーザーか強いピーリング(サリチル酸ピーリング)による施術しかありませんでしたが、フラクセル2の登場により、ダウンタイムも少なくニキビ跡を改善する事が可能になりました。またフラクセル2は毛穴、ニキビだけでなくシミ、くすみ、キメ、小じわ、傷跡等にも効果的で、深達度を(穴を開ける層の深さ)をコントロールし、お肌の状態や症状に合わせて、出力を設定して治療を行うことが出来ます。フラクセル1は皮膚への深達度が0.8mmだったのに対しフラクセル2は1.14mmまで上がり、より深い瘢痕治療まで行なう事が可能になりました。
従来のレーザーが肌症状の「改善」にとどまっていたのに対し、フラクセル2は肌の入れ替え(スキンリニューアル)を実現します。

ターゲットと深達度

フラクセルとフラクセル2の違い

  • 深さを自在にコントロールでき、より浅いものから深いトラブルまで対応可能です。
  • 従来のフラクセルに比べ、より痛みの少ない治療が可能になりました。
  • 治療後の回復がよりスピーディーになりました。
  • 副作用のリスクが低下しました。

フラクセルとフラクセル2
フラクセルとフラクセル2

ヒートショックゾーン

フラクセルでは、レーザー照射領域は熱によりタンパク変性を起こし組織が凝固します。そして、その凝固層周辺の熱ダメージを受ける領域が、いわゆる『ヒートショックゾーン』です。
ヒートショックゾーンは、真皮層のコラーゲン産生を促進する反面、治療時の痛みや腫れ、さらにPIH(炎症後の色素沈着)等の副作用の発症にも関係していると考えられています。
従来のフラクセルは、高いエネルギー(25mJ以上)で照射すると、近隣のヒートショックゾーンがつながってしまい、強い痛みと副作用を伴うため、実際の治療に用いることが困難でした。しかし、フラクセル2は、どのスポットサイズ(エネルギー)でもヒートショックゾーンが形成される領域の比率が一定になるように制御されています。

すぐにお化粧が出来ます

フラクセル2

フラクセル2は最新のテクノロジーを用いていますが、皮膚に微細な穴をあけますので、やはりダウンタイムの全くない治療ではありません。施術後は日焼けした様な赤みが2〜3日続き、また肌が1週間ほどザラザラした感じになります。しかしフラクセル2は施術後にお化粧が可能ですので、赤みは日焼け止めとお化粧でカバーして頂く事が出来ます。

麻酔クリームもご用意

ちくちくとした痛みを伴いますので、患者様の負担を最小限におさえる高濃度麻酔クリームをご用意しております。また、施術中は「シナクール」と言う冷風をお肌にあてながら施術いたします。それでも我慢ができないと言う場合には、別途、笑気麻酔(歯医者さんでも使用されている頭がボーっとする)や神経ブロック麻酔(注射による局所麻酔)やうとうと眠くなる静脈麻酔等をお付けする事も可能です。

安全性

フラクセル2は医療用レーザーとして、厳しい審査を経て安全性、信頼性のあるアメリカFDA政府(日本の厚生省にあたる)に承認されています。
※FDA(Food and Drug Administration)は、連邦食品・医薬品・化粧品法などの行使により、食品・化粧品・医薬品・医療器具・放射線を発する製品の安全性を確保し、すべてが正しく使用されるために適切な情報が表示されることに責任を持つアメリカの消費者保護を課せられた米国厚生省に属する公衆保健のための行政機関です。FDAの承認は安全性や信頼性の証ともいわれるほど、諸条件のクリアは厳しいものとなっています。

フラクセル入門サイト「教えて!?フラクセル」

初めての方もお気軽にご相談ください!